アルファロメオ・フィアット 東京陸運局指定民間車検場

お電話でのご質問・お問い合わせは、
TEL: 03-3384-2251
AlfaRomeoのブレーキフルード交換は、柵橋モーター商会におまかせください。
Home » サービス » ブレーキフルード交換

ブレーキフルード交換

ブレーキフルードの交換が必要な理由

ブレーキフルードの主成分は、湿気を吸いやすく 水分を多く含むと沸点が低下しヴェイパーロック現象が起こりやすくなります。
また、水分で、ブレーキシリンダー内やマスターシリンダーにサビを誘発しやすくなりますので、正常に機能させれには、1年ごとの交換ですが、最低でも車検ごとの交換をお勧めしています。

TANAHASHIのおすすめ

普段お使いのアルファロメオで、サーキット走行やスポーツ走行を行なっているアルファロメオオーナーの方に。

サーキット走行等スポーツ走行を行うとブレーキオイル(ブレーキフルード)はかなり高温になり熱劣化やより温度が高くなると気化して沢山の気泡が油圧ラインの中入ってしまいブレーキがきかなくなる事がありますので(ヴェイパーロック)、一度でもサーキット走行を行なったら早めのブレーキフルード交換をおすすめします。
*サーキット走行でもDOT4で問題なく走行も可能ですが、走り方によってはDOT5を入れる事をおすすめいたします。

参考までに、
DOT3=ドライ沸点が205℃以上、ウェット沸点で140℃以上
DOT4=ドライ沸点で230℃以上、ウェット沸点で155℃以上
DOT5=ドライ沸点で260℃以上、ウェット沸点で180℃以上、 と規定。

ドライ沸点とは、新品の状態 ウェット沸点とは、使用により約3.5%の水分を含んだ状態

価格表

アルファロメオ全般交換作業料金
ブレーキフルード DOT4   1L *1 4,320円
ブレーキフルード 交換工賃 3,780円

上記は消費税込みの価格です。
*1アルファロメオ車全般に1L程度で交換できます。
DOT5の使用を考えている方は、事前にご相談下さい。